まずは相談を

木製の壁

キイロスズメバチは夏場から秋にかけて盛んに活動しているハチで、人を刺す可能性もあるため、とても危険なハチです。プロのハチ駆除業者でないと対応できない場合も多いため、まずは駆除業者に相談をしましょう。

Read More

対策をしっかりと

フェンスと有刺鉄線

鳩は対策をしないと被害を受けてしまう場合が多くあります。マンションのように高い建物でもベランダに侵入されてしまう可能性も高いため、しっかりと対策方法を考えておきましょう。

Read More

民家にも巣を作る

木造家屋の2階

ハチによる被害は年々増加しているのですが、その中でも特にキイロスズメバチの被害が多くなっています。キイロスズメバチは民家の軒下などに巣を作ることがあるため、駆除をしないと大変危険な鉢なのです。

Read More

スズメバチを知る

赤い花と草原

  • 刺される危険性のあるキイロスズメバチの駆除は専門知識の豊富な業者をこちらで紹介してもらいませか?
  • 家やマンションのベランダに鳩の対策をしておくならこちらの専門業者に依頼しましょう。今から対策すればトラブルの無い環境になります。
  • ハチは巣を作って集団生活をすることで知られていますが、巣を守るために人を攻撃することがあるので注意が必要です。近年では、キイロスズメバチやアシナガバチなどの巣が住宅地などでも発見されるようになりましたが、アシナガバチは比較的攻撃性が弱いのに対して、キイロスズメバチは攻撃性が強いとされているので、駆除する場合は専門の駆除業者に依頼する方が安全です。巣の近くで万が一ハチに刺された場合は、すぐにその場から離れないと何度も攻撃される可能性もありますし、集団で攻撃されることもあります。人によってはハチに刺されたことでアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、そのような場合はすぐに救急車を呼んで一刻も早い手当が必要になります。

    現在では、自治体によってはキイロスズメバチやアシナガバチの巣の駆除を無料で行ってくれるところもありますし、無料ではないにしても駆除業者を紹介してくれる場合もあります。また、ハチの巣を駆除する場合は刺されないように十分防護して行う必要がありますが、個人で駆除をする場合は防護服を貸し出ししてくれるところもあります。キイロスズメバチは10月から12月にかけて交尾が行われ、冬を越せるのは女王蜂だけで、あとの蜂は死んでしまいます。そのため冬になると巣は空になるので、個人で駆除を行うにはこの時期が一番安全ですが、キイロスズメバチは同じ巣を利用することなく次から次へと新しい巣を作っていくと言う特徴があります。

  • 柱などを白アリにくわれている事を確認したらシロアリ駆除業者に依頼しましょう。今後の予防対策も行ってくれるので頼りになります。
  • シロアリを見つけたら

    まっすぐな雑草

    シロアリは対策方法も駆除も専門家に依頼するのが最も確実な方法です。シロアリ駆除業者を利用すればすぐにシロアリを住宅から追い出すことが出来るため、シロアリを見つけたら相談してみましょう。

    Read More